エコキュート

エコキュートの特徴

給湯費がお得

エコキュートはヒートポンプで大気の熱をくみ上げてお湯を沸かすシステムです。ヒーターを使わないので、使用する電力が少なくて済みます。さらに、割安な夜間の電力を使用してお湯を沸かすので、給湯にかかる電気代は非常に安くなります。

ランニングコストの比較

条件(当社試算)
    • 都市ガス給湯器とCHP-HXE37AY1(運転モード:おまかせ省エネ)を比較
    • 給湯負荷:JIS C 9220:2011の年間給湯保温モード熱量
    • 電気料金:各電力会社の「(季節別)時間帯別電灯契約」、基本料金含まず(オール電化割引含まず)
    • ガス料金:各地域の都市ガス料金、都市ガス給湯器の効率80%、配管ロス5%、基本料金は給湯とその他で按分(2018年1月現在、当社調べ)
    • お住いの地域、ご使用状況により光熱費は異なります※運転モードにより昼間に沸き上げを行う場合があります
大気熱でエコな給湯

エコキュートは『1』の電気エネルギーを使って『2』の大気熱エネルギーをくみ上げることで、『3以上』の熱エネルギーを生み出します。
夜間電力を活用!ピークシフトに貢献
※電力エリアの総使用量。ピーク電力抑制のグラフはイメージです。
※2電力会社が節電を要請している9〜20時(特に13〜16時)に、エコキュートはほとんど運転(湯上げ)しない制御になっています。ただし運転モードやお湯の使い方によっては昼間時間帯でも運転を行います。
ピークシフトとは、昼間の電力需要を、夜間などの時間帯へ移行させることです。

エコキュートの仕組み

エコキュートとは、大気の熱を利用してお湯を沸かす、地球環境への負荷をおさえた自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機です。


家庭用給湯の省エネがCO2削減に

私たちが毎日、お湯を沸かしたり、おふろでシャワーを浴びたりするために使うエネルギーは、全体の約1/3になります。
この給湯エネルギーを少しでも減らすことが省エネと環境対策のポイントです。
『エコキュート』が採用している自然冷媒は、従来のフロン系冷媒と違い、オゾン層にダメージを与えず、地球温暖化係数もフロン系の約1,700分の1です。

家庭部門用途別エネルギー消費量

PAGE TOP